沖縄マングローブカヤックイーズのWEBサイトは、JavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

Pamphlet Download English /  简体字・繁體字

ニライ地区リーフチェック

ニライ地区リーフチェックに行ってきました!
失われていた自然が徐々にですが、復活していくのがうれしいですね♪
これからも見守り続け、元の状態に戻すよう頑張っていきたいです。
海を守るにはまず陸から!陸の環境が元気なら海の環境も元気になります!!
皆さんも身近な自然を大切にして下さいね☆
連鎖的にたくさんの自然を守れますよ~

 

沖縄本島西海岸には「砂辺」と呼ばれる本島でも有数のダイビングポイントがあります。この砂辺のサンゴは1998年の白化現象により、そのほとんどが死滅してしまいましたが、その後長い時間をかけて新しいサンゴが少しずつ育ち、2005年の夏にはとうとうこの小さなサンゴたちの産卵を確認することができました。やっとこの海の「循環」が戻り始めたのです。

このまま、かつてのような生命(いのち)溢れる砂辺の海に戻るのかと期待していた矢先に、以前から計画のあった護岸工事が着工するという知らせがありました。この回復しつつあるサンゴ礁に、工事の影響が及ぶ可能性は決して低くはないと考えられます。また、オニヒトデの食害や赤土の流出被害などについても、県内他地域と同様に決して見過ごすことはできない状況にあります。

現在、現場で潜っているダイビングインストラクターの多くは、以前の“美しい沖縄の海”を知らない世代です。
かつてのサンゴ礁の海を知る人は「昔はきれいだった」と口を揃えますが、どこに、どんなサンゴが、どれだけ生育していたのか、そしてそれらのサンゴはどれほど価値のあるものだったのか、これらを知るための科学的なデータは残念ながらほとんどありません。わずかに残された海中風景写真を見ることができるのみでありますが、これも「この写真はこの場所を撮影したものである」という情報は撮影した本人に確認するより他は無いというのが現状です。このままでは、私たちもこれまでと同様に「昔は良かった」という言葉を次の世代のダイビングインストラクター達に繰り返すことになるのかもしれません。

砂辺で日常潜っている私たちダイビングインストラクターが、今のサンゴ礁の状態を科学的な手法を用いて把握し、経年により起こる変化や、工事の進行とともに起こりうる変化をしっかりと見つめ記録していくことは、砂辺を潜ってきた私たちの使命であると考え、こうした想いに共感する地元のダイビングインストラクターが集い「砂辺のサンゴを見守る会」を結成するに至りました。

※沖縄 サンゴのモニタリング|ニライ地区のサンゴを見守る会引用


ツアー予約/お問い合わせ

ツアー予約

前日のご予約も大歓迎です!

沖縄にご到着後も、沖縄からお帰りになる日もカヤックツアーにはご参加頂けます。
カヤックイーズのツアーは沖縄本島最多の毎日7回開催!お客様のご旅程に合わせて、お好きな開催時間をお選び頂けます。

お問い合わせ

丁寧にご説明をさせて頂きます

カヤックツアーの持ち物や服装、集合場所などご不明な点はございませんか?
些細なことでも結構です。気軽にご連絡ください。なお「よくあるご質問」はこちらからご覧頂けます。

当日・翌日のご予約・お問合せは、まずお電話を!

 098-923-5871

LINEでのお問合わせ・ご予約も気軽にどうぞ!

友だち追加数
沖縄でのSUP体験はマングローブリバーサップイーズへ

カヤックイーズでは、SUP(サップ)体験ツアーも開催しております。SUP初心者、はじめての方大歓迎。マングローブ林を流れる穏やかな川を漕ぎ進む水面散歩は、エクササイズと癒やしを兼ね備えたまさに新感覚のアクティビティ。SUP体験とマングローブ観察ができるダブルでお得なエコツアー体験です。

KLOOKで予約する
カヤックイーズがトラベラーズチョイス2020に選出!