沖縄マングローブカヤックイーズのWEBサイトは、JavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません。

Pamphlet Download English /  简体字・繁體字

マングローブ調査~北部~

  • マングローブ調査~北部~
  • 2016/12/11
  • 植物観察

先月のことですが、スタッフ松岡、西の二人は休みが被ったのでちょっくら北部まで遠征しました。

目的はマングローブ観察

なんてマジメなスタッフなのでしょう。

普段ツアーでペラペラ喋っていますが、人知れずしっかり勉強もしているのです。

もちろん、自分たちでもマングローブも育てていますよ⇒こちら

マングローブの育て方⇒こちら

 

そんな二人が向かった先は名護、あまりイメージがないかもしれませんがマングローブが広く群生しています。

当店が庭としている比謝川は<メヒルギ>という種類のマングローブが主に生育

それとは全く違った種類のマングローブが名護で見れちゃう!?

おーー!!

なかなかの景観、これは期待できそうです。

しかしながら、ここからでは如何せん観察し難い・・・

とういうことでもう少し水際まで攻めてみました。

*おかげさまで車の中が泥だらけ(笑)まあいっか!

靴を泥で汚しながらようやく来ました。

予想通り、なかなかいいネタがあるじゃありませんか!

マングローブの探し方⇒こちら

 

まずはオヒルギ

実は比謝川にもあります。

*ただし陸路でしか観察できませんので、気になる方はスタッフまでこそっと(笑)お店から徒歩10秒の場所にあります。

メヒルギの種子をだいぶん太くした感じの種子が特徴的なのと、<屈曲膝根>⇔さて何て読むでしょう??

この根っこがびっくりするくらいカッコいい(個人的見解ですが)

根っこが地上に飛び出してきています。

もちろんこれは、地中に張っている根っこが屈曲して盛り上がったものですので、かなり頑丈に生育している結果。

比較的大きくなる種で、この名護で観察したオヒルギはメス(メヒルギ)を凌ぐ大きさでしたね。

おおよそ樹高15Mくらいでしょう(沖縄では)

ところどころ種子がついており、それなりに大きくなっていました。

そしてヤエヤマヒルギ

この種が一番マングローブっぽいと言われている!?

その所以は(根っこ)です。

ヤエヤマヒルギは<支柱根>

今にも歩き出しそうな根っこで、一番みなさんの(マングローブ)イメージに近いものかと思うのは僕だけではないはず。

見つけるとまあまあテンション上がるやつです、西大興奮!!

ここ名護にはたくさんのヤエヤマヒルギが生育していました。

なんとも羨ましい~

メヒルギと並んで海水に強い種のひとつでもあります。

圧巻の景観、これ見たら誰だって興奮しますよね!?

世界観はもはやラピュタ。

小さい子も確認しましたので、記念撮影忘れずに。

あまりのかわいさに別れが寂しくなってしまうほどです(ちょっとウソです)

ラストはヒルギダマシ

今までのマングローブとは全くイメージが違う種。

まずは赤ちゃんから見てもらいましょう、じゃん!

え、これ何?マングローブ??

そんな声が聞こえてきそうですね。

もちろん、立派なマングローブです。

おそらく一番対塩性があるのと繁殖力の強さが半端ではありません。

その繁殖力たるや(アフリカマイマイ)くらいとも*分かりづらい例え(笑)

南アジアでは15Mほどまで成長しますが、分布の北限である日本では1Mくらいの低木なのですよ。

なんとも残念・・・しかし持ち前の打たれ強さで、満潮時に完全水没してもアライブ、スゴイ生命力!!

 

ちなみに環境省が設けているレッドリストの絶滅危惧IB類(EN)に指定されています。

*絶滅危惧IB類(EN)・・・近い将来絶滅が危惧されている種。

 

とはいってもここ名護での繁殖力を見る限り、全く問題ないと思うのは気のせい??

場所によっては辺り一面<ヒルギダマシ>ばっかりでしたからね(笑)

でも環境省が、国がいっているのだからそうなのかなぁ~

一応信じてみます!

関連記事(マングローブの種類)⇒こちら

普段とは違ったフィールドを見てみると、違いはもちろんですが沖縄における植物の多様性を改めて感じます。

今後も様々なエリアを調査し、我々のフィールドにも活かせる知識を発掘していきたいですね。

まだまだ知らないことばかり!!

この記事を書いたスタッフ : 松岡健太郎 / マツケン

気がついたら小一時間マングローブたちとにらめっこをしていました(笑)
色々な種がある中で、それぞれに個性があって、このエリアはまさにマングローブの学校でした。
やっぱりマングローブが好きなんです、そのラブをみなさんにも分かっていただけたらな~!
知れば知るほどその奥深さに魅了されますよ?
他にもマングローブ系の記事を書いてありますので、読んでみてください。


ツアー予約/お問い合わせ

ツアー予約

前日のご予約も大歓迎です!

沖縄にご到着後も、沖縄からお帰りになる日もカヤックツアーにはご参加頂けます。
カヤックイーズのツアーは沖縄本島最多の毎日7回開催!お客様のご旅程に合わせて、お好きな開催時間をお選び頂けます。

お問い合わせ

丁寧にご説明をさせて頂きます

カヤックツアーの持ち物や服装、集合場所などご不明な点はございませんか?
些細なことでも結構です。気軽にご連絡ください。なお「よくあるご質問」はこちらからご覧頂けます。

当日・翌日のご予約・お問合せは、まずお電話を!

 098-923-5871

LINEでのお問合わせ・ご予約も気軽にどうぞ!

友だち追加数
沖縄でのSUP体験はマングローブリバーサップイーズへ

カヤックイーズでは、SUP(サップ)体験ツアーも開催しております。SUP初心者、はじめての方大歓迎。マングローブ林を流れる穏やかな川を漕ぎ進む水面散歩は、エクササイズと癒やしを兼ね備えたまさに新感覚のアクティビティ。SUP体験とマングローブ観察ができるダブルでお得なエコツアー体験です。